ビッグス クーター大好き!
ビッグス クーターに興味がある!



トップページコラムすり抜け走行について


コラム

車を運転しているとき、バイクのすり抜けを見てこう感じた人はいませんか?

すり抜けって法律的にはやっていいことなの?】

実は、法律的にはグレーゾーンだったりします。


ま、厳密には、道路交通法にはすり抜け行為そのものを禁止する条文はありません。


しか~し、以下の条文を見てみて下さい。


(追越しの方法) 第18条
第28条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。
2 車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第25条第2項又は第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。

すり抜けは、この追い越し行為と同等に見なされることが多く、すり抜けの仕方によっては違反になってしまうこともあるようです。


上記を基にして、追い越しの際のルールを考えてみると…。

・車両が【走行中の場合】、追い越しは【右側】からしなければならない。
・他の車両が【右折のために道路中央や右端に寄っている時】の追い越しは、【左側】からしなければならない。

ということになります。


つまり、交差点で右折待ちしている車両を右側から追い越したり、走行中の車両の左側をすり抜けていく行為は【違法】ということになります。
また、渋滞中のすり抜けも、実は【違法】になる可能性が高いです。

2車線以上の道路で、車線と車線の間をすり抜けていくバイク。
センターラインの上を走る行為は、当然【違法】ということになりまう。
この場合は、追い越し車線に入って追い越すのが正解ということです。。

渋滞中の高速道路で路側帯を走っているバイクも時々見かけますが、路側帯の走行は完全に捕獲対象となりますので、絶対にやめたほうがいいですよ!!!


ま、要は交通ルールを守りましょうってことです(笑)
そして、安全運転を心がけましょう!!!



これからも、ビッグス クーターに興味を持っている方にお役に立てるような、様々なビッグス クーターの情報をお届け出来るブログを目指して頑張っていきます!

応援よろしくでっす!!!


コメント・トラックバックをお待ちしています。
☆ビッグス クーターどっとこむ☆

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔